2013年06月09日

第167回 夜が泣く

いらっしゃいませ さとる文庫へようこそ

今回はTome館長さんのブログ「Tome文芸館」より
夜が泣く」という作品をご紹介いたします。

誰にでも泣きたい夜がある。




Tome館長さんが動画にしてくださいました。


Tome館長さんには朗読の許可をいただいています。

作品はTome館長さんのオリジナルです。
文章の無断転用 及び 朗読の無断配布はしないでください。

BGMはフリー音楽素材 H/MIX GALLERYさま
夢幻のオルゴール工房さま
効果音はOnJin音人さま 
こだま標準音響ライブラリさま より
お借りしております。
各サイトへは左サイドバーよりリンクしています。
posted by もぐら at 11:44| Comment(7) | Tome館長さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しい試みですね。
ボイスレコーダー?

外出して動画用にスナップ写真を撮っていると、音声を録音したくなる時があります。

表現として使えるデータ、数十年分、拾わずに見捨てているわけで、考えてみると、随分もったいないですね。
Posted by Tome館長 at 2013年06月10日 00:07
<Tome館長さん>
ありがとうございます。

なんでもない一日、日常の朝〜翌朝を表現したつもりなんですが、わかりました?

全部 効果音なんです。
データは要るときに要るものを探さないと「あっ」という間に
一杯になりますよ。(^-^;

外出先でちょっとした録音なら携帯電話でできないでしょうか?

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2013年06月10日 01:00
新しい試みですね!
もぐらさんの声が聴けるのを、今か今かと待っていました(^_^;)
泣きたい夜でもしんどい夜でも、寝たらまた朝が来て一日が始まる。
泣きたい思い出なんて、次の日にはケロッと忘れたりしちゃうのですから、人間って繊細なようで図太い生き物ですよね(・ω・`)
Posted by 蘭丸 at 2013年06月10日 20:43
<蘭丸さん>
ありがとうございます。

ちょっと前ふりが長かったですか。(^-^;
聞いてくださっている方の気持ちの中から引き出すのに
どうしたらいいかなぁと思って。

本当に悲しい涙は覚えているけど、「泣きたい」と思って
流す涙は流したら忘れるようになってるんですね、きっと。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2013年06月11日 00:02
夜と朝をBGMで表したんですね。
よかったです^^
賑やかな夜→切ない感情→希望の朝 
音がないと、なかなか伝わらないかもしれませんね。

次の日曜、早起きしなきゃ^^
Posted by りんさん at 2013年06月12日 16:14
<りんさん>
ありがとうございます。

たっぷりと効果音を使ってしまいました。
作品がさらっと流れて行ってしまうのはもったいないなぁと
思ったんです。

りんさんはいつも早起きですね〜。
私はだめだぁ。(^-^;

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2013年06月12日 22:55
YouTubeに動画を投稿! 
「さとる文庫 2号館 第167回 夜が泣く」https://youtu.be/8S0PloJGGEk
Posted by Tome館長 at 2019年06月26日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: