2014年09月28日

第232回 雨粒

いらっしゃいませ さとる文庫へようこそ

今回ははるさんのブログ「ゆっくり生きる」より
雨粒」という作品をご紹介いたします。

雨の日のはるさんの心模様。



はるさんには朗読の許可をいただいています。

作品ははるさんのオリジナルです。
文章の無断転用 及び 朗読の無断配布はしないでください。

BGMはフリー音楽素材 H/MIX GALLERYさま
夢幻のオルゴール工房さま
神戸オルゴール館さまより
お借りしております。
各サイトへは左サイドバーよりリンクしています。
posted by もぐら at 10:00| Comment(4) | はるさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2年前の記事ですか。
とん、とん、ととんと、読んだことも、コメントしたことも、忘れてました。

感謝の気持ちも、忘れたって、また思い出せばいいか。
Posted by Tome館長 at 2014年09月28日 10:55
もぐらさん、とっても素敵に朗読してくれて感謝です。
もぐらさんの朗読はとても優しくて、どこか寂しそうに感じました。
もぐらさんの朗読で、当時の気持ちを思い出しました。
そうなんです。本当は寂しい気持ちで、
窓ガラスを見ていたのでした。
ありがとうで〜す。
Posted by はる at 2014年09月28日 17:50
<Tome館長さん>
ありがとうございます。

はるさんもTome館長さんもものすごい作品の数ですもんね。
私も何度も読み返しているとわからなくなります。(^^;)

歳いくと感謝することばかりになってきます。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2014年09月29日 00:38
<はるさん>
こちらこそありがとうございます。

雨粒の優しさだけを出したかったんです。
寂しさも出てしまいましたか。
はるさんの朗読は優しさだけがでていたのになぁ。
もっとがんばらねば。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2014年09月29日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: