2017年01月01日

第351回 だまされた貧乏神

いらっしゃいませ さとる文庫へようこそ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今回は恒例の貧乏神さんのお話。
「だまされた貧乏神」というお話です。



だまされた貧乏神

むかしむかし、ある山の峠に
働き者のおじいさんとおばあさんがおりました。
ふたりは小さな茶屋をひらいておりました。

おじいさんとおばあさんがいくら一生懸命働いても
店はちっとも繁盛せず、二人はとても貧乏でした。

“どうしてお客が来ないんだろうねぇ”
“そうですねぇ。お茶菓子も美味しいのにねぇ”

二人がそんなことを話していると
どこからともなくいびきが聞こえてきました。

二人がいびきのする場所を探すと
店の屋根の上で汚いじいさんが気持ちよさそうに
昼寝をしているではありませんか。

“あれは貧乏神だ。
どんなに一生懸命働いても貧乏神がいたんじゃだめだ”

そこでおじいさんとおばあさんは知恵をしぼりました。

あるとき二人はわざと貧乏神に聞こえるように
こんなことを言いました。

“店が暇だと時間がたくさんあって
ゆっくりと山の自然を味わうことができるなぁ。
こんな贅沢なことはないな ばあさんや。”

“そうですともおじいさん
四季の花もゆっくり楽しめて
心がどんどん裕福になりますねぇ。”

それを聞いた貧乏神はあわてました。
“なにー贅沢だと。裕福になっていくだと。
くそー。
よーし、店を忙しくしてやる。”

すると店はどんどん忙しくなり繁盛し
お金がどんどん入ってきました。

おじいさんとおばあさんは
貧乏神に見つからないようにお金を隠して
また
貧乏神に聞こえるようにこんなことを言いました。

“あぁ店が繁盛してお金が貯まるところだった。
あぶない あぶない”

“繁盛してお金が貯まると
心が貧しくなってしまいますものねぇ“

それを聞いて貧乏神はますます店を繁盛させました。
おじいさんとおばあさんは嬉しくて、一生懸命働きました。

でも貧乏神には、わざととても疲れた声で

“おじいさん、おじいさん。
こんなことでは一生心が貧しいままになってしまいますね。”

“ほんとうにこんなことが一生続いたら
死ぬまで貧しい心のままだ。
困った困った、貧乏神でも来てくれないかなぁ。”

それを聞いて貧乏神は
“一生困らせてやる。うひゃひゃひゃ”
と張り切りました。
あまり張り切って仕事をしたので
とうとう貧乏神は福の神になってしまいました。

”ありゃーまー わし福の神になってしもうたわい”

おかげでおじいさんとおばあさんは
一生裕福に暮らしましたとさ。

おしまい


創作ブロガーのみなさま 昨年は大変お世話になりました。
さとる文庫が続けられるのもみなさまのおかげです。
本当に感謝しています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

作品はオリジナルです。
朗読の無断配布はしないでください。
posted by もぐら at 10:00| Comment(6) | オリジナル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じつにおめでたいお話、
実際ところ、年末の宅急便みたいに、忙しすぎるのは問題ですね。
貧乏も裕福もほどほどに、春や来い。
Posted by Tome館長 at 2017年01月01日 23:51
<Tome館長さん>
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

ウチの貧乏神さんはいつ福の神さんになってくれるのかな〜。
いや別に貧乏神さんのままでもいいんですけど。
そうそう。どちらもほどほどに、がいいです。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2017年01月02日 02:33
こんばんは〜。

夕さんのブログからリンクを伝ってお邪魔しています。

ほっこり民話系のお話、文字通りほっこりと楽しませていただきました。
こうやって読み上げてもらうのも、読むのとはまた違った刺激があって良いものですね。
おじいさんとおばあさんが上手く貧乏神をだましていく様子は面白かったのです。
スリルとサスペンスに満ちた展開もいいですが、みんな幸せになって、上手くいって、めでたしめでたし・・・こういうお話しも素敵です。
Posted by 山西 サキ at 2017年03月10日 20:09
<山西 サキさん>
いらっしゃいませ。
お越しくださってありがとうございます。

毎年ウチの貧乏神さんに敬意を示して年末か年明けに貧乏神さんのお話を朗読します。
なのでめでたしめでたしで終わるようにしてるんです。
ご都合主義です。えへへ。

八少女さんの企画からたくさんの方の作品を楽しませていただいたり
また、こうして訪ねてきてくださったりと とても嬉しいです。
ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2017年03月11日 02:40
こんばんは〜〜(^^*)ノ
来るのが、めっちゃ遅くなっちゃって
申し訳ありません〜〜m(;▽;)m

とても楽しくて、ほっこりするお話で
朗読も聴かせて頂きましたが
お声にぴったりで更にほっこりしました(^^*)
夕さんのお話も、こちらを読ませて(聴かせて)頂いてから
読んできましたが
とても印象的に使われてましたよね(^v^*)
どちらのお話も、とっても良いお話で素敵でした(^^*)

先日は、丁寧で嬉しいコメントを頂き、どうもありがとうございましたm(^^*)m
時間の使い方が超へたくそで
なかなか密に来られず申し訳ありませんが、これからもよろしくお願いいたしますm(^v^*)m
Posted by かじぺた at 2017年03月17日 02:58
<かじぺたさん>
いらっしゃいませ。
来てくださってありがとうございます。

えへへ照れますね。(*^^*)ありがとうございます。
八少女さんも素敵な作品を返してくださって、みなさんと一緒に参加させていただいて本当によかったです。

こちらこそいつも読み逃げですみません。
どうぞよろしくお願いします。<m(__)m>
Posted by もぐら at 2017年03月18日 03:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: