2018年06月24日

第428回 イジける傘

いらっしゃいませ さとる文庫へようこそ。

今回は雫石鉄也さんのブログ「とつぜんブログ」より
イジける傘」という作品をご紹介いたします。



雫石鉄也さんには朗読の許可をいただいています。

作品は雫石鉄也さんのオリジナルです。
文章の無断転用 及び 朗読の無断配布はしないでください。

BGMはフリー音楽素材 H/MIX GALLERYさま
夢幻のオルゴール工房さまより
お借りしております。
ありがとうございます。
各サイトへは左サイドバーよりリンクしています。
posted by もぐら at 10:00| Comment(4) | 雫石鉄也さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
干し物が毎日あるので、梅雨の時期は大変。
Posted by Tome館長 at 2018年06月24日 10:25
朗読、ご苦労さまでした。
これ、たまたま、使っていた携帯傘を折りたたむのがめんどうで、そのまま傘立てに放り込みました。その様子がおかしいので書いた記事です。
Posted by 雫石鉄也 at 2018年06月25日 09:26
<Tome館長さん>
ありがとうございます。

干し物って野菜ですか?
私は野菜は梅雨が明けてから干します。
洗濯物は雨が止んだ隙を狙って少しでも外で湿気を取ってます。
どちらにしても梅雨の時期は大変ですよね。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2018年06月25日 22:34
<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。

ということは傘をイジけさせたのは雫石さんですね。
とてもかわいくて傘が生き生きと(?)イジけていて
子どもが笑って聞いてくれそうなお話だなぁと思いました。
だからいつか朗読させていただこうと思ってよく覚えていました。


ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2018年06月25日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: