2019年01月01日

第456回 主人思いの小僧と貧乏神

いらっしゃいませ さとる文庫へようこそ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今回は恒例の貧乏神さんのお話。
「主人思いの小僧と貧乏神」というお話です。



創作ブロガーのみなさま 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

作品はオリジナルです。
朗読の無断配布はしないでください。

BGMはおとわびさま
音楽研究所さまより
お借りしております。
フリー素材サイトさま 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
各サイトへは左サイドバーよりリンクしています。
ラベル:朗読
posted by もぐら at 10:00| Comment(4) | オリジナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
贅沢しないが福の神。寝袋あったか、ことよろし。
Posted by Tome館長 at 2019年01月01日 11:07
今年も宜しくお願い致します

貧乏神様のお話し大好きです。

我が家の貧乏神も長い間
大切にお世話をしてると
福の神になってくれるかしら(笑)
そうなったら良いんだけれどね。

Posted by harumimi at 2019年01月01日 22:29
<Tome館長さん>
あけましておめでとうございます

贅沢しないが福の神
いや本当にそう思います。
贅沢ってなんぞや?って自問自答。

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2019年01月02日 23:45
<harumimiさん>
あけましておめでとうございます
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

なんだかんだいいながら貧乏神さんが好きなんです。
福の神さまも迎える方が心違いをしたらだめですものね。
でも福のおすそ分けくらいなら欲しいかな〜(≧▽≦)

ありがとうございます。
Posted by もぐら at 2019年01月02日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: